2021-10-19

My muscle training method that overcomes back pain: Muscle training is bad (Japanese Edition)

 書籍を出すことに至った経緯ですが、若い頃、運送業での運搬中にギックリ腰になり、大変な思いをしました。その頃は、少し立っているだけでもつらく、常に右足も痺れていました。自分ではどうすることも出来ず、藁にもすがる思いで地元の整体院に通いました。ですが、ある程度良くはなるものの、完全には治らずに苦しんでいました。10年以上酷い腰痛に悩まされ、本当に辛かったのを覚えています。  それから腰痛を自分で治そうと、勉強を始めることになります。勉強を始めるにつれ、整体院開業へと夢が膨らみ、平成14年に開業しました。開業してからの様々な経験をもとに書籍にしました。皆様の、お役に立ちますよう願っております。 ちなみに本の中の挿絵は、小学生の娘が描きました。娘も自分の絵が載るので嬉しいようです。また筋トレは自身の腰痛や肩こりの改善のために始めたのですが、あれほど酷かった、腰痛や肩こりも無くなり体調も良くなりました。 様々な慢性痛や不調は、運動とちょっとしたコツ(体の使い方や姿勢、ストレッチのやり方ほか)を、身に付けることで改善できます。コツも続けることで分かってきます。下手でも全然かまいません、私もいまだにヘタですが、頑張って続けています。ほんの少しの運動からでも始めてください、きっと変わりますよ。目次・運動不足はハムストリングの硬さで分かる・筋力の低下を侮るな・四十歳以上の男女 5人中4人はロコモ予備軍・精神面の健康にも筋トレ・筋トレで睡眠の質が改善する・自尊心を保つ筋トレ・高齢でも筋力は付く・骨粗しょう症の予防にも筋トレ・運動強度の目安・筋力トレーニングの効果・トレーニングを始めましょう 準備運動・カーフレイズ 踵の上げ下げ・スクワット・クランチ 腹筋運動・レッグレイズ・デッドバグ・ヒップアブダクション・ヒップアダクション・ヒップリフト・プランク・ハンドニー・ニートゥーエルボー・バックエクステンション・おまけ 骨を強くする運動 カカトントレ・おわりに・曜日別 筋トレメニュー・主要参考文献著者 角 達広(かど たつひろ)昭和47年、石川県生まれ。角療術院 院長 関節ニュートラル整体普及協会 会員 認定SSランク角療術院https://kadoryojutsuin.com/検索キーワード頚椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群、しびれ、むち打ち症、寝違え頚肩腕症候群、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)、肩こり、石灰沈着性腱板炎胸椎椎間板ヘルニア、脊椎椎体骨折、肋間神経痛、椎間関節症腰痛、ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症腰椎変性すべり症、腰椎分離症・分離すべり症、坐骨神経痛、骨盤矯正(骨盤調整)テニス肘(上腕骨外側上顆炎)、野球肘腱鞘炎変形性股関節症変形性膝関節症、半月板損傷、オスグッド病、膝の慢性障害シンスプリント、足関節捻挫、外反母趾、足の慢性障害、足底腱膜炎(足底筋膜炎)


Book Details

Book Title: My muscle training method that overcomes back pain: Muscle training is bad (Japanese Edition)

Book Author: kado tatsuhiro

Book Category: -

ISBN: B088T5KBWJ